仮住まいの手配に困った時に

>

仮住まいを手配する際に注意しなければならないこととは?

仮住まいの様々なメリット

そもそも仮住まいを行うメリットは工事中のストレス軽減と、工事で発生する埃や塵などによる健康被害を防ぐことなどが大きく挙げられます。
また、賃貸の種類によってもそれぞれメリットが違います。
例えばホテルは気軽に予約し、滞在できることやガスや水道の契約といったことを省くことができます。
短期賃貸は規模の種類も豊富で、場所を選べれば普段通りの生活を行うことができるのが利点。
ウィークリー、マンスリーのマンションなどは敷金礼金が不要であるため気軽に借りることが出来たり、UR住宅は初期費用の他に設備が整っていることもメリットとして挙げられます。
それぞれに違ったメリットがありますが、同時にデメリットもあるので、そちらもしっかり確認しましょう。

同時に生じるデメリットとは?

別の住まいを借りることはどうしても費用がかかるものであり、また短期に2回引っ越しを行うため煩わしく思う方も多いです。
賃貸の種類によっても発生するデメリットが異なります。
UR住宅は設備は整っていますがペット不可のところが多かったり、3ヶ月以下の短期の契約はできないなどの条件が多いのが特徴です。
短期賃貸も取扱い件数が少なく、選択肢の幅が狭いことも挙げられます。
ホテルも長期滞在が困難であることや家族の人数が多い程費用がかかることなど、デメリット部分が多くなるのも挙げられます。
マンションも家族が多いと狭く感じられ、ストレスとなる可能性もあるのです。
これらのデメリットもしっかり把握し、仮住まいを選ぶようにしましょう。


この記事をシェアする