仮住まいの手配に困った時に

>

改装工事中に必要となる仮住居

仮住まいは何故必要となるのか?

仮住まいとは、工事など行う際に一時的に家に住むことが困難になった場合に必要となり利用するものです。
リフォームの際、必ずしも仮住まいが必要となるわけではありませんが、必要になるケースも大いにあります。
大規模な建て替えの場合は自宅での生活は困難となり、一部分のリフォームであっても水回りの改装を行うとなれば1日でも生活がままならない状況に陥ります。
また、改装中は業者の方も多く立ち入ること、通常と違う環境になることでストレスを感じてしまうもので、長期の改装になるほどそれは顕著に表れてしまいます。
こういった状況を回避する場合には仮住まいが必要となるのですが、業者が用意してくれるケースもあれば、自身で用意しなければならないケースも出てきます。

まず何から手を付けるか?

依頼したリフォーム業者ではなく、自身で用意しなければならない場合、まず何から手を付ければ良いのでしょう?
まずはリフォームのスケジュールと費用の確認です。
リフォームが始まる日程、いつまでに終わるのかを施工業者と話し合い、それによって賃貸の契約やホテルの予約を行います。
また、仮住まいと言えど、別の家に引っ越すため、敷金や礼金、引っ越し費用がかかります。
引っ越し業者の手配も忘れずに行いましょう。
賃貸ではなくホテルを手配する場合は日数と人数分の料金がかかることを覚えておきましょう。
荷造りなど様々な準備が必要になるため、早めに相談し、行動することも大切になってきます。
リフォームを行うと決まったら迅速に行動しましょう。


この記事をシェアする